お母さんは子どもの太陽!

フリーランスという生き方

2018/09/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ひなた
1963年東京都で生まれる   幼少期を埼玉県所沢市で過ごし東京へ転居 短期大学家政科を卒業し一般企業へ就職 結婚・出産・離婚・介護を経験し現在に至る  最終的な目標は田舎で自給自足の生活をすること

フリーランスになるには? 最初から安定は求めない

image

nattanan23 / Pixabay

今、私はフリーランスという生き方をしています。とは言っても、フリーランスと言うにはおこがましいくらいの収入しか得ていません。親の介護や子どもの世話などをしながら、外で働くという事のメリットよりも、収入は低くても、家族が平和でいてくれた方が自分的にも楽だからです。

 

うちはひとり親家庭で、児童扶養手当や医療費の控除などの公的援助があったので、息子と二人今まで頑張って来れました。人生設計が狂ってしまったのは「親の介護」です。私の人生設計では、息子が小学5年生でケアマネ資格を取り、中学生になったらケアマネをバリバリやる予定でした。

 

今回介護の話は割愛しますが、通いの介護から同居の介護になって、それはそれで大変です。児童扶養手当も医療費控除もなくなりました。外で働くとストレスで家族に優しくできません。親も虐待しちゃいそうでした。収入はすごく減りましたが、フリーになってからは気持ちの余裕ができて、病気にもかかりにくくなりました。

 

フリーランスの仕事をとるには? クラウドソーシングという方法

私は初め「内職」をインターネットで探していました。地方のほうですとたま~にあります。東京だとあんまり見つからないですね。そこで、クラウドソーシングという物を知って登録してみました。

 

クラウドワークス・ランサーズ・シュフティといった所が大手クラウドソーシングであります。私は3つ登録しています。どこが良いとも言えませんが、それぞれ特徴があります。

 

私がおススメなのはランサーズですね。使いやすさはクラウドワークスが一番です。シュフティは、たまにマニアックな仕事を見つけます。登録は無料なので一度実際に登録して試してみれば分かりますよ!

 

教育体制や福利厚生があるのがランサーズ

image

rawpixel / Pixabay

ランサーズでお仕事を沢山出来るようになると、福利厚生があるみたいですね。私は3か所に分散してしまっているので、まだ使えていませんけど。

因みに、私はITの知識はないので、誰でもできるライターの仕事をしています。webデザイナーとかやれたらいいとは思っていますが、勉強がなかなかできません。スクールは30万円~50万円と高額で手が出ません。

ランサーズから、ヒューマンアカデミーのライター講座を受講すると割引になるので検討中です。クラウドワークスは使いやすですが、ランサーズには少し負けているような気がします。

 

月10万の仕事保証ランサーズが「ベーシックワーク」実験をスタート

ライターの仕事は単価が低く、1文字0.1円以下とかざらなんです。私も、最初のうちは実績を積む意味でやっていました。仕事に慣れて収入になり出した時にあの「WELQ事件」がありました。そして、当時仕事がほとんどなくなり、仕方なくパートに出たわけです。

パートといえども責任は負わされるし、時間通りに帰れないし、いじめはあるし、いない間に家のトイレは詰まるし、で1年持たずフリーに戻ってきました。今は、1万円~3万円ほどの収入です。家賃なし、光熱費なし、他の兄弟から支援ありなので何とかやれていますけど、将来的にどうなのかって考えますよ、やっぱりね。

そんな折、ランサーズで月額10万円の仕事を保証する制度「ベーシックワーク制度」の実証実験を始めるという情報を得ましたのでシェアします。ライター塾を始めるらしいのですが、月10万円の仕事を保証してくれるのなら、多少の自己投資はしますよね。以下参照してください。因みに自分は行けません。夜なんですもん!

参照元:参照元:月額10万円の仕事を保証する制度実証実験

クラウドソーシンングサービス大手の「ランサーズ」は、フリーランスを対象に、月額10万円の仕事を保証する制度「ベーシックワーク制度」の実証実験を始める。同社が6月20日に発表した。制度の対象者はまずライター職から。今後、他職種への展開も検討している。

 

今後フリーランスが増えるのか?

image

Pexels / Pixabay

フリーランスになる人は、子育てや介護で外に出られない人が多いのではないでしょうか。会社勤めの人が副業としてやるには、それなりに労力を必要とするので、実際には難しいのでは? と個人的には思います。

 

ライターの仕事でも、リサーチに物凄く時間をかけていると家事も出来なかったりします。でも、きちんとした裏付けをとらないと記事が世に出るにあったては責任が大きいですからね。

 

それでも、子どもが学校から「ただいま~!」と帰って来た時に、お母さんがいてくれる事のメリットは大きいです。お金だけあげてほったらかしにするより、子どものためには良いと思います。

 

人それぞれ、事情があるので仕方がないとは思いますが、女性がみんな外に働きに出てしまっては家庭が回らない、いわば機能不全の家庭が増える事が心配です。フリーランスはIT知識があるとか、特に優れた人しか稼げない現実がある限りはそんなに増えないのでは? というのが私の見解です。

 

しかし、フリーランスがもっとお金を稼げる仕組みが出来れば、もっとフリーランスが増えると思います。今後のランサーズ「ベーシックワーク制度」に期待します。

 

「時間とお金の自由な生活を手にいれませんか?」のキャッチフレーズでアフィリエイト等のオファーをよく見かけますが、稼ごうとしてそういった高額商材に手を出す人も多いので、それならばクラウドソーシングでコツコツと実績を上げていった方がいいです。恥ずかしながら、私も高額商材で失敗した一人です。

この記事を書いている人 - WRITER -
ひなた
1963年東京都で生まれる   幼少期を埼玉県所沢市で過ごし東京へ転居 短期大学家政科を卒業し一般企業へ就職 結婚・出産・離婚・介護を経験し現在に至る  最終的な目標は田舎で自給自足の生活をすること

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© シンママひなたのリアル , 2018 All Rights Reserved.